初心者 ミシン 選び方

ジャノメコンピュータミシン ME830とJP710はどう違う?

ジャノメコンピュータミシン ME830とJP710はどう違う?

ジャノメコンピュータミシン ME830とJP710は価格帯も機能も良く似ており、どちらが良いのか迷われている方も多いようです。

 

この違いについて解説します。

 

ジャノメコンピュータミシン ME830とJP710の違いとは?

 

ジャノメミシンME830はプログラム自動糸切り機能付きコンピュータミシンになります。

 

ハサミのマークのボタンを押すだけで上糸と下糸を同時にカットできるというプログラム自動糸切機能が好評です。
JP710には自動糸切り機能は付いていません。

 

ME830は大きくて見やすい全面のスクリーンが特徴です。
黒画面になっているので情報がとても見やすいという配慮もなされていて、縫い目の粗さや幅、そしてステッチ番号も一目瞭然です。

 

それに対して、JP510は液晶画面もME830に比べ小さくなっています。

 

ジャノメコンピュータミシン ME830とJP510に共通している点とは?

 

ME830とJP510に共通なのが送り歯が7枚であること。
送り歯が水平に動いて縫い進めて行くうちに縫い縮みが起きることや、布ズレを防いでくれる7枚歯布送りが付いています。

 

また、自動糸調子機能が付いているのも共通しています。
自動糸調子機能が付いれば、厚手の生地を選んでもきちんと糸調子を合わせてくれて、パワフル貫通力を実感できます。

 

糸調子でお悩みの方には、ME830にはワンアクション糸通しという機能が付いています。
片手で簡単に針穴へ糸を通せます。これは嬉しい機能ですね。

 

ME830とJP510にもしっかりとした押さえ圧調節が付いています。

 

ME830には6段階押え圧調節が付いているので薄い生地から厚手のものまで自由自在に裁縫が出来ます。
左基線伸縮縫いという機能では薄手のニット生地も安心して縫えます。
JP710は4段階となっています。

 

結局、どちらが良いのか?

 

ME830は高さ29センチ、幅40センチ、奥行18センチ、重量が6.0kgとなっています。
JP510は高さ28センチ、幅39センチ、奥行18センチ、重量が8.3Kgとなっています。

 

サイズはほぼ同じですが、ここで注目したいのが重量。
JP710の方が重いのです。

 

ミシンは耐久性があり、パワーがあるのは最低でも重量が7キロ以上と言われています。
余計な機能が付いていない分、壊れにくいとも言えます。
長い目で故障もなく使えるミシンとしてはJP710に軍配が上がります。

 

自動糸切り機能と軽量にこだわる方はME830がおすすめです。

 

ミシンに関しては5年保証のこちらのショップを参考になさってください。

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ