初心者 ミシン 押え

ミシンの「押え」の役割ってなんですか?

ミシンの「押え」の役割ってなんですか?

ミシンで服やバッグ、小物を作る時って、さまざまな生地の種類が
ありますよね。
デニムのように厚い生地、ジョーゼットのように薄い生地。
または革やビニールを縫うこともあるかもしれません。

 

ミシンはそれぞれの生地や縫い方によって、
「押え」を替えることにより生地の状態に合った美しい縫い目で
作品が出来上がる
ようになっているんです。

 

 

まずは「テフロン押え」を使いこなそう

 

ミシンの初心者さんにまず知っておいていただきたい押えが
「テフロン押え」です。

 

ミシンを購入した時に付いているのが、「直線用の押さえ」です。

 

この押えとテフロン押えがどう違うかと言うと、まず見た目としては、
直線用の押さえは金属製ですが、テフロン押えは白いテフロン素材で
できているところが違いますね。

 

直線用の押さえは標準的な布地を縫うための押えでして、
コットンなどを縫います。

 

でも素材が革やオイルクロス、合皮になると摩擦抵抗が起こりやすく、
布が重ねてきれいに縫えなかったり縫い目が飛んだりすることがあるんです。

 

そのため摩擦抵抗を無くす目的で使われるのが、滑りやすい「テフロン押え」と
いうことになるんですね。
布送りがスムーズに行かないときはぜひこの「テフロン押え」に
替えてみてください。

 

あなたの作品がぐっとレベルアップしますよ!

 

「テフロン押え」がミシンの初期付属品として付いているかどうかは
メーカーによって異なります。
別売りの場合はミシンの購入時に買っておくのをおすすめしますよ。

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ